2010年度 (26歳)

4月 
・6年振りに道産子のアライがウチの会社に入社し、オレはアライの指導員になる。

5月
・長野県の野沢温泉スキー場でGW合宿。日本代表候補の指定選手のみ参加。

6月
・テニスプレーヤーとして関東ろう大会に参加、初デビューを飾るが、瀬戸とダブルスで予選全敗。しかも最後のダブルス相手は70〜75歳のじいちゃんに6−0圧倒的に負けてしまった。

7月 
・日本中に熱中症が発生し、群馬県は最高38.9度を記録更新する。家中は灼熱地獄化し、ほぼ裸で生活する事に。
・デフリンピック日本代表落選。この機にアルペンスキーを引退し、14年間の選手生活に終止符を打つ。

8月 
1年半振りに一人旅で沖縄を目指して各諸島縦断の旅に出かける。
1日目 夜行バス群馬から福岡までの移動14時間、尻の感覚が麻痺する位きつい・・。


2日目 群馬福岡鹿児島 夜6時発のフェリーで奄美大島へ。2等室は奴隷並みの雰囲気でメチャ狭い・・・。


3日目〜4日目 奄美大島一周 奄美名物の鶏飯はめっちゃうまい!!! 市役所へ行ったらたまたま手話通訳者がいて、奄美のろうの文化を聞けた。


5日目 加計呂麻島一周 戦争遺跡の探検。道路、一本通行しかない!!


6日目 奄美大島徳之島  徳之島一周。 
昨夜から台風が日本に上陸してきた為、フェリー渡航中止にならないか心配していたが、結局は予定より遅延したもの、無事に出航できてホッとした。。
徳之島全周、米軍移設反対運動の看板が沢山ありましたね。。


7日目 徳之島与論島  与論島一周 


8日目 与論島 ビーチ屈指の百合ヶ浜はサイコー!! 今まで沖縄・鹿児島の島に行った中で与論島が日本一美しいビーチだと思う。しかも全周ビーチだというのが驚き。
午後2時 与論島沖縄本部港伊江島


9日目 伊江島一周 伊江島はオレの知らない第二世界大戦の黒い歴史が隠されていた。
午後3時 伊江島沖縄本部港那覇


10日目 那覇周辺でブラブラ
11日目 那覇空港羽田群馬に帰る。

8月下旬
愛犬・クレアが危篤になっていると知らせがあったので、実家に帰る。クレアはいつもより元気がなく、寝たきりの状態になっている姿を見て絶句し、言葉が出なかった。2日看病して病院に連れていくが、どうやら熱中症が原因のようで体力低下していて下半身の筋力が衰え、歩けない状態になっているので長くても一ヶ月しか持たないと宣告される。
今年が北海道史上初の猛暑となり、世帯の多くがエアコンを持っていない為、熱中症にやられて倒れるといったニュースが出てきており、クレアもその一匹でもあった。
あれから群馬に帰って一週間後、クレアは亡くなったと知らせのメールが来る。
当時はクレア11歳(人間年齢65歳)でまだ若いうちに逝ってしまったのである。
デフリンピック落選に続いてクレアが逝ってしまうなど不幸の続きでまた泣いてしまった・・・。

北海道最終日にダイと二人で札幌駅周辺をブラブラしていたら、まさかの5年振りにアオキと再会を果たしてしまう事になる。そう、ダイキからのサプライズだったのだ・・・。

9月 
・羽田初 LCCエアアジア就航、羽田クアラルンプールのネット予約に苦戦。3日もかかってしまった・・・。(3日目はアイフォーンで予約を試してみたら一発で取れた・・・)

10月 
・県青年部と通研の研修旅行の手伝いで伊香保へ。
・デフリンピック応援しに係長に1週間休暇の許可をもらい、スロバキア行きの航空券を予約。

11月 
・ビザ取得の為に在日バングラデシュ大使館へ東京の目黒までに赴く。その後、2010年羽田初のハブ空港化・羽田国際空港誕生したので見に行く。
・外国為替取引の研究に没頭。

・Mが一気に家の鍵とスペアキー両方無くしてしまい、鍵屋を呼んでもらう羽目に。ドアの鍵を開けてもらうのに1万8000円。

12月 
・初一人旅の海外へ。エアアジアの本拠地・マレーシア、アジア最貧国・バングラデシュへ2カ国行き、マレーシアで5カ国突破。バングラデシュ入国で累計6カ国目。
1日目 仕事終了後、新オープンの羽田国際空港へ。夜11時45分、エアアジアの航空で出発。羽田クアラルンプール


2日目 朝6時にクアラルンプールに到着。クアラルンプール市内観光所要時間わずか3時間。
午後2時発 クアラルンプールバングラデシュ


3日目 バングラデシュ・オールドダッカ観光。人だかりは半端じゃない!!人、リキシャ、車、バス、CNGがメチャクチャといっていい位、入り混じっていてまさにカオスの世界だった。オールドダッカは日本ではあり得ない非常識の光景が目に映っていてメッチャ面白い!!
午後4時発 バングラデシュマレーシア
クアラルンプール市内のホステルに一泊、世界放浪中の日本人じいさんとウクライナ人ろう者と一緒に夜3時までにトークする。


4日目 朝10時 寝坊してしまい、KLタワーのみ観光、観光時間はわずか3時間でLCCT国際空港へ。
午後2時発 マレーシア・クアラルンプール日本・羽田へ帰国。

・今頃、会社の係長が「課長に確認したら、ヨーロッパ一週間休暇は認めないって。」と言われ、久し振りに殺気を覚えた。「なんだよ、今頃かよ・・・」と。

1月
 実家に帰省。1泊2日、スタッフとして正月合宿に参加。そしてアルペンスキー協会にデフリンピック派遣依頼公文書作成を依頼する。
 
2月 
・会社側と交渉し、やっと勝訴。公文書のお陰で正式に1週間休暇の許可がおりた。これでヨーロッパへ行ける。。
が、、、

 

デフリンピック・スロバキア開催の1週間前にまさかの中止。スロバキア委員会は諸隣国との交渉が決裂となって資金調達失敗し、中止となったとか。このせいでまさかの1週間休暇取り消しにされ、キャンセル料合計9万取られてしまう。下心で予約したフランス航空券も紙くずに。ますます会社に辞めたくなってきた。。
・JALマイルが貯まっていたので9月中国・北京行きの航空券を予約。

2月下旬
・ヨーロッパへ行けなくなった気晴らしに車で中国地方と四国最西端佐田岬を目指して1人旅に出かける。


1日目夜7時過ぎ群馬の太田から出発。

2日目15時間後、昼12時半頃に愛媛県の四国最西端佐田岬に到達。推定距離1072km。
夜に徳島県に戻って徳島名物らーめんを食べた後に鳥取県へ移動。ガソリンスタンドが閉まっていた為、やむを得ず高速道路の駐車場でテント泊。

3日目 わずか2時間半でテント泊終了。朝6時に香川上辺を出発して6時間後、鳥取県の鳥取砂丘に到着。(昼12時前)車のライトつけっぱなしにしたまま観光に出かけてしまった為、バッテリーが上がってしまう。土産店にヘルプを求め、車はなんとかなった。

午後2時に倉吉へ移動して鳥取県名物牛骨らーめんを堪能。
午後4時過ぎに堺町へ移動。混んでいた為、着いたのが夜6時半で水木しげるロードはとっくに終わってしまった・・・。寂しそうに夜の水木しげるロードを散策した後に米子へ移動し、回転寿司でカニ尽くしの寿司を堪能する。

夜9時過ぎに鳥取県米子市から出発。

4日目 夜0時過ぎ、3時過ぎに首都高速・大阪と名古屋をスムーズに通過。車はすっがらーんと空いていて快適だった。
午後3時過ぎに無事に群馬に帰還。
移動距離合計 2500km
交通費(高速道路、ガソリン) 4万5000円 ちなみにガソリン8回配給。

帰宅後、背中と首の骨を痛めてしまい、数日間、接骨院に通う羽目になってしまう。

3月11日
東日本巨大地震に遭遇してしまう。
当時は会社の2階にいて、最初は微小の揺れが起きた。  
職場の人達は「またかよ。こんなのすぐ収まるさ。」とノー天気にゲラゲラと笑っていた。 やがて、だんだんと揺れが大きくなってゆく。 
「おおっー。やけに大きく揺れるねぇー、そんなのすぐ収まるから気にしない。。。さぁ、仕事、仕事。」 
震度3、4位の揺れになっても職場の人達は微動せずノー天気でゲラゲラと笑いながら楽観的なムードでのんびり仕事をしている。 
なぜ、そこまでノー天気なのか??それは大きな理由があった・・・。 
大きな地震が来る前の2,3カ月位は震度1〜3位の微震が何回も出ていた為、職場の人達は地震に慣れてしまい、危機感が薄れてしまったのだ。汗(ウチも含めて) 
だんだんと大きく揺れてゆく。 
震度5を超えると、職場の人達は笑いの表情が消え、「え、えっ?い、今の揺れはちょっとやばい・・・?とにかく机の下に隠れた方が良さそうかな?」的な感じでやっと行動に移る事に・・・。 
そして、震度6強の地震がやってきた。(群馬県) 
「 うおおおおおおーーーっ!!!!  」 
ウチの職場は2階建てのオンボロ建物だった為、立ち上がる事が出来ない位ゼリー状の如く思いっきり揺れ、天井がバンバンと落ちてきた。 
「や、やば・・・・ここはオンボロ建物だから床が割れて一階に落ちるんじゃ・・?このまま落ちて死ぬのかな、オレ。」 
バイク事故、ペルー沖大地震に遭遇して以来、久し振りにを感じた瞬間だった。 
そんな中で気が付けば無意識に手を差しのべ、掴んだ先が何故かカバンだった。おそらく、カバンの中に財布や携帯、本・・・これだけは失いたくない!!という潜在意識が働いてしまったのかもしれない。汗  
揺れている最中に机の下に引っ込めながら一階に落ちても軽傷でいられるように安全靴、帽子、マスク、作業服を着る。。。これも無意識に生存本能が働いたみたいです(_^;) 
大きな揺れは2、3分位続いたようだが、体感時間では5、10分位揺れ続けていたような、長く感じた。
やっと揺れが止まるのも職場は埃まれ化しているので、マスクを付けてさっさとオンボロ建物を脱出。。。 
おおっ、オンボロ建物の壁に大きな亀裂が・・・・。 
地震発生後、ウチが住んでいる隣町から完全停電地域に・・・!!!町や信号全て明かり無しで、まさに暗闇のワールドだった。
隣町にいる友人2人が光を求めて彷徨っていた事もあり、自宅に泊まらせてあげる等、難民?に援助したりした。 
まさか、今になって国内最大の大地震がやってくるとは思いませんでした・・・。

3月中旬
計画停電、ガソリン不足、米や水などの食料の供給不足でなかなか予定を作れず。
ガソリンスタンドへ行ってみると車100台以上?の超渋滞。しかも、夜3時から渋滞になり始めている。とりあえず様子を見る・・・。
暇過ぎる連休はナカニシの家で2年振りに面子ナカニシ、ホリコメ、イシダ4人で麻雀をする。

記録
訪問した県(あと8県)
愛媛県、徳島県、鳥取県

初めて指導員になる。
群馬県で39度、最高気温を更新。
日本代表選考落選し、ようやくスキー現役引退し、14年のスキー生活に終止符を打つ。
鹿児島から沖縄まで各離島を渡りながら旅するという縦断の一人旅。
人生初の海外一人旅。初めての海外一人旅でいきなりアジア最貧国・バングラデシュに訪問したり、色々な人と出逢ってバックパッカーの醍醐味を覚える。
会長の横領により、前代未聞の冬季デフリンピック中止。そのせいでフライトキャンセルに余儀なくされた。規則は規則と他人事を言う上司にムカつき、マジで会社辞めたいという決心が強まる。
人生初の震度7、東日本大地震に遭遇する。放射能漏れの心配により、会社を辞めて北海道に避難するか悩んでしまう。