2004年の思い出 (当時20歳) 

フォト


当時20歳のオレ。 まわりの職場の人達や上司から髪を切れ!!と苦情がきていたので、仕方なく東京の原宿に行き、6ヶ月振りにカットした。 

カラ―、ストレート、カット込
みでなんと2万6000円!!高過ぎるよ、東京の原宿は・・・。(2004年6月) 


1月  
あすか店のイベントの高設定条件を見つけ、ゴールドXで52万稼ぐ。が、メトロやメッセは相性が悪いのか?37万負けてしまう。 

2月 
相変わらずあすかでゴールドXを打つ。収支はプラス8万。 

3月 

フォト



億を取るために群馬県高崎競馬に通い始めるオレ。 

4
 

競馬53万(GI皐月賞で1着ダイワメジャーー2着コスモバルク 馬単3500円が当り、150倍で53万になった。)

スロット51万勝ち(ゴールドXR 25500枚、当選76回。

 

続けて三週間でゴールドX30万勝ち、わずか一ヶ月で 130万勝ち、収支123万となる。 

            一ヶ月130万稼いだのがギャンブル自己最高記録であった。 


                                5月  
          バイク一人旅で群馬―福島―山形―宮城といった順で東北一周の旅に出る。 


福島・・・猪苗代湖、磐梯山、喜多方、会津、吾妻小富士といったルートで駆け巡る。 

フォト



猪苗代湖・・・野口英世の博物館を見学。猪苗代湖は別に大した事がない湖である事が第一印象だった。 

IMG_0041.jpg

猪苗代湖。

フォト



当時は知人からもらった古い皮ジャンを着たダサい格好をしていたオレ。 

フォト

 

フォト



磐梯山・・・カーブの多いスカイライン?を走るのが結構面白かった。 
IMG_0048.jpg

IMG_0049.jpg

吾妻小富士。


会津、喜多方で一番人気の喜多方らーめん“まこと食堂”、二軒目は金箔らーめんを堪能。正直、全然美味しい気がしなかった。しかも1500円は高すぎる・・・。 

山形・・・米沢牛6000円のステーキを堪能。口がとろけそうでメチャうまかった。。、米沢ビジネスホテルに一泊し、翌日に蔵王を駆け巡る。

IMG_0050.jpg

5月なのに、積雪5メートル以上もあり、多くのスキーヤー達が頂上までスキー板を担いで登っている。

IMG_0051.jpg 

フォト



蔵王山頂から見た湖。 

IMG_0054.jpg

蔵王山頂。

フォト



仙台にある伊達の銅像とオレ。 

宮城県仙台市で同級生のクマ(仮名)と再会を果し、夜明けまで飲み明かす。

5月連休後半


たまたま競馬の天皇賞(春)、パチスロのイベント日両方重なっていて、どっち行くか悩んだ結果、スロットを選ぶが、6万負けてしまう。皮肉も天皇賞(春)の予想は当たってしまったのである・・・。(推定700万円獲得) 
後日、スロットで24万勝ち、収支は5月旅行費と友人のおごり代全部還って来、プラスとなった。 


6月 
競馬に集中する。が、GIオークス24万負けてしまう。そして、職場の先輩が上司に密告し、未成年のオレが競馬の馬券を購入していた事を会社に発覚してしまう。 

 

7月 

 

競馬、ダービーGIレース勝負をするが、大負けしてしまう。

 

ラスベガスに向けてカジノ研究に没頭中。

7月下旬  

マエダ(仮名)とオレ2人で1年半振りに北海道に帰省。

フォト

 

フォト


なぜかカッコつけているオレ・・・。

フォト

 

フォト

そして一年半振りに母校に訪れた。当時は高聾祭があったので、久し振りに同級生や先生達と再会を果たすことができた。 

ついでにセオ、ミサト、マエダ、オレ4人で小樽、札幌へドライブして久し振りの道央を満喫した。 

フォト

 

フォト



地元の同級生たち。 


8月 
お盆休みは、タケシ(仮名)と一緒に北海道に帰省。  

フォト



フェリーに乗って苫小牧へ向かうオレ。 

苫小牧に到着後、北海道一周のバイク一人旅に出る。 

1日目 

IMG_0008.jpg
札幌→静内→襟裳岬→釧路→釧路湿原→根室。夜中1時過ぎに根室に着き、ビジネスホテルで一泊。本来はテントで泊めるつもりだったが、根室は夜でも気温12℃位冷えていたので、テントどころじゃなかった。 

特に釧路〜根室は夏とは思えないほど寒かった。服5枚着用して走ったほどだ。1日目の走行距離は約560キロ。 

静内・・・競馬の生産ファームが有名。名馬・ナリタブライアンの慰霊碑や博物館などを見に行った。 


襟裳岬・・・襟裳らーめんは塩味スープがまるで海の味がして、海鮮たっぷり。今まで塩らーめんを食べてきた中で襟裳らーめんが一番最高だった。 

フォト


バイク1人旅で襟裳岬に到達したオレ。 

釧路・・・地元の同級生、ノハラ(仮名)と再会するつもりで向かったが、仕事都合で北見にいた為、再会出来ず。 

フォト



釧路湿原・・日が暮れる寸前に何とか湿原の展望台にたどり着いたが、ちょっと暗くて何も見えず。実に残念だ・・・。 



2日目 
午前2時に寝てわずか2時間で起き、午前4時半頃に根室から出発して一時間後、日本本土最東端―納沙布岬に到達。日の出を眺め終わった後に屈斜湖へ向かった。 

フォト

 

フォト



日本本土最東端ー納沙布岬に到達したオレ。 

フォト



日本本土最東端の日の出は美しかった。 


2日目のルート 
日本本土最東端―納沙布岬→屈斜湖→摩周湖→網走→糠平湖→遠軽→宗谷岬 
2日目の走行距離・・・約810キロ。 


屈斜湖・・・普通だった。 
摩周湖・・・快晴で視野がはっきりと湖が見えた。話によると、快晴日に見ると結婚出来なくなるというらしい・・・。 

網走・・・1年半振りに地元の同級生、ゴトウ(仮名)と再会を果たす。オホーツク限定の海鮮丼を食べた後に網走刑務所へ。 


フォト


一年半振りに再会したゴトウとオレ、何故か場所を間違えて行ってしまった本物の刑務所。 

糠平湖、水かさが増しているために幻の橋を見れずにしまい。 

特に虫(蚊、ハエなど)の大群がバイクとオレ自身に浴びられてしまった為、身体中虫の死骸だらけになってしまった。 

遠軽・・・路肩によって地図を見ながら休憩していたら、何故か警察に職務喚問されてしまう。 

宗谷岬・・・日本本土最東端の納沙布岬を出発してから20時間後、午前2時に日本本土最北端―宗谷岬に到達。正確にいえば、群馬から出発して4日後、宗谷岬に到達した。  

フォト

 

フォト


日本本土最北端ー宗谷岬に到達したオレ。高校2年以来、実に3年振りだった。 

フォト



2001年7月(高校2年)自転車1人旅で日本本土最北端ー宗谷岬に到達したオレ。 

日本本土最北端宗谷岬がオレの旅の原点であり、色々な思い出が詰まった特別な場所である。 

フォト



日本本土最北端の日の出も美しかった。 


3日目 
宗谷岬にテントで一泊した後の翌日の朝、宗谷丘陵を満喫して札幌に帰った。 
3日目のルート 
宗谷岬→札幌 走行距離 370キロ 


フォト


8月連休の後半は1年半振りに地元のダチと再会し、麻雀やビリヤード、ダーツなどをして遊んで故郷を懐かしむかのように楽しんだ後にタケシと一緒に車&バイクで群馬に帰る。 

9月 
5月にゴールドXのスロットで51万を叩き出して以来、負けが続くようになった。競馬の秋GI開幕となり、競馬に力に入る。が、外れてまくってしまう・・・。 



9月下旬 

ウチはバイクで岐阜県での全国ろう大会へ見に行く。バドミントンメンバーとして群馬チームを応援した後に同級生の再会へあちこち行く。 

特に岐阜県の街は明治時代のローカルな街といった印象に残っている。 

フォト



全国ろう大会で久し振りに再会した先輩と後輩。 


10月 
3連休はモアイと一緒にバイクに乗って京都県、滋賀県に行く。金閣寺、銀閣寺、清水寺・・・夜は琵琶湖へ。 

フォト

IMG_0091.jpg


ウチが人生初めて見た金閣寺。(京都府) 
IMG_0092.jpg

IMG_0093.jpg

清水寺。

 

京都タワー.jpg

 

京都タワー。

 

夜の琵琶湖や〜.jpg

 

夜の琵琶湖。全然見えない・・・・・・。

 

フォト



行列でできている日本一美味いたこやき。あれ、まじでまずかった・・・・。聞いた話だと行列でできている人のほとんどが観光客だって・・。(大阪府) 

フォト



大阪名物の食い倒れ人形とウチ。まさか、これが最後のツーショットになるとは思わなかった・・・。(2008年に閉店、撤去された。) 

10月下旬 

競馬の菊花賞でタケシ(仮名)が3連単一点1万の6頭ボックス(合計6万)を賭けて何と100万当ててしまう。ちなみに21万賭けたオレは空しくも外れてしまう。



フォト



人生初めて見る生の100万円札束。 

11月 
相変わらず競馬で連敗が続き、ジャパンカップ&ジャパンカップダートで26万円大負けしてしまう。 

12月 
オレはピザとケーキを買ってタケシと一緒に寮の部屋の中で虚しいクリスマスを過ごす。


クリスマスプレゼントをゲットする為に、今季GI最後―引退する名馬がラストランで有終の美を飾るといった花道のレースー“有馬記念”で今年最後の大勝負をするが、大外れして21万負けてしまった。

こうしてオレの2004年は終わった。 

フォト

 

フォト



競馬で負けて紙くずになった馬券。(一年分。)